スポーツ外傷

協競技種目、レベル、試合日程を考慮し最高の状態で競技復帰できるようサポートしていきます。

スポーツ活動中に急激に過度な力が加わることで、骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れなど、いわゆるケガが生じたときは、ただちに適切な応急処置が必要です。

スポーツ外傷処置イメージ

これらをするかしないかによって痛みのでかたや後の治療期間に大きな影響が出ます。
長期間に同じスポーツを続けることにより、体の一定の部位に負担がかかり、疲労骨折・ゴルフ肘・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症・シンスプリントなどのスポーツ障害が生じます。
スポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があり、それぞれ適した治療予防が必要になります。

※スポーツ前後のストレッチ指導・練習、試合前のテーピング処置も行っています。
※オスグット(成長痛)もご相談ください。

??????????????????????